星喰(hosikui)

記事一覧(11)

配布開始

 無事に配布することが出来ましたので久しぶりにほんの少しだけ書こうかなと思います。とはいっても大体の経緯はゲーム本編内の後書に書いてありますので補足的なものにしかなりませんが… 。まず初めに今回は息抜きで作った作品となります。結果息抜き程度で収まらなかったんですがまあそれは横にさくっと置いておきましょう。今作は色々な素材提供者様のお力をお借りして軽く半年以上掛かりながらも完成しました。(最初は息抜き代わりにやってたので他作品のスプリクトと並行しながらですが)初めは軽い短編(長くても一時間)で終われそうな、なんじゃこりゃ的なものを書いてみたかったんですね。シリアスとか???みたいなものを書くのは好きなんですけど、その道ばかり歩き続けても逆に疲れちゃうのでもう片方の道を用意。それがこの話です。後書に書いてあるのと少し言い回しが違うと思いますが大体似た感じなんでこの辺は許してくださいね。まあ色々と設定を追加して結局いつもと変わらない感じになりましたが…。それでもひとつ変わったのはある意味幸せな結末を用意出来たことでしょうか。※中には人から見て口を押さえたくなるような結末もあれば、意味不明な結末も出てきます。今までの作品がそんな結末ばかり迎えてたので、今までhorrorfantasyの作品をプレイしていただいた方からしたら
「あれ、どうしたの?」と思われるかもしれません(笑)こんな(微糖ですが)結末を用意してくるなんてと。ただやっぱりhorrorfantasyを全然知らなかった方からすれば、男性を攻略出来るゲームにしては大して甘さが無いので不完全燃焼と言うか、もうちょっと…みたいなことを思われるかもしれませんね。 忘れないでください。本作はノベルゲーム(女性向け)です。乙女ゲームのジャンルにカテゴリ出来るようなものではないんです。(言い訳みたいですね、すみません) もう少し甘さ抱えて出直したいけれど、こんな微糖具合しか出せない私には無理かな…orz
と考えている今日この頃です。でも甘さが欲しい!という方もいれば逆に私が書く微糖さが良いと思われる方もひょっとしたらプレイされた方の中にはいらっしゃるかもしれないのでやっぱり微糖で居続けるのかもしれません。満足出来なかった方々、申し訳無いです…。ここを見ている方にカットのほうでも一度お伝えしたことをここに残しておきます。もしも話の流れを気にされる方がいらっしゃるのであれば一週目以降は恋√→おまけ√の順で進まれることをお勧めします。こちらも恋√→おまけ√の順で書き終えましたのでこの順で行けばネタバレも気にすることなくおまけ√にも入りやすくなるんじゃないかと思います。というわけで、既に本編内の後書で色々語ったのでここからは本編に入れられなかった編集の苦労を画像(ぼかしますが)でお伝えします。

零れ話。

  年末年始。このブログを開いた皆さんはどう過ごされたでしょうか。 私は………………………………………………………PCのあれやこれやエラーに巻き込まれつつなんとか生還している次第です。あまりこのことを多く書いても面白くないので書きたいことだけ書こうかなと。 この間、「ドライ」に引き続き、「噂」の掛け合いの動画をあげました。http://www.nicovideo.jp/watch/sm30299408いやあ。楽しい。本当に楽しかった。叫べた。ふふふ。こんな私にお相手をしてくれた悠紀人さんにも感謝ですよ本当。と、いうわけで前回に引き続きそんな「噂」のちょいとした小話でも。私にとって「噂」のイメージはもう……もう……

あのシーンですねめっちゃ叫んでいるあれ。なんかこう……じわじわと何かが迫ってきて、それがたまにビュン!と斜めに(変な方向に)襲ってくる。
命中するとすんごい酷い目に遭う的な、あの感じ。「これ当たると痛いよ!当たり前なんだけどさ!」そんな様を見せつけているあの感じがたまらなく好きです。分かり難くてすみません。私にも分からないんで仕方ないですね(ぉぃ前回と同様に募集をかけ、選考し、今回は特に迷うこともなく選べました。この方だあ!とは投稿を聴いてすぐに思っていたのですが、もしかしたら別の方の投稿もあるかもしれない。じとじと。
と待っていて結局そのまま締め切っちゃったパティーンです。個人的に落ち着いた声音が好きなのでもしかするとそういうので選んだのも
あると思うんですが、なんとなく荻上くんは少し高いくらいがいいなと考えていたので、演技面で落ち着いてて、声音が高い悠紀人さんの投稿を聴いた瞬間
頭の中で荻上くんと悠紀人さんの声が重なって、「わあお」と知らず声あげてました。いやはや恥ずかしい思い出(にするほど昔でもないですが)。まあそんなこんなで本当に個人的に選んだような気がします(ぉぃやっぱり自分が合ってるかどうかを判断する基準みたいな何かを募集のときに
書けばよかったのかもしれない、とこういうときに思うんですが……
投稿される方のそのキャラのイメージというのも個人的に知ってみたいんで結局こういう募集のときは毎回書いてないんですよね。お蔭で毎回色んな方の投稿音声はこちらとしても良い勉強になっています。ありがたや。話を戻しまして……今回はドライほど多くリテイクもなくスムーズに完成しました。悠紀人さんの指摘もありがたかったっす……もう本当お主は神かと思いました…。私、最初の音源で最後の荻上君からの問い返しの音声で訛っちゃったんですよね。昔っからそうなんですが私色んなものにめちゃくちゃ影響されやすい奴でして。※テレビ新聞漫画ゲーム以下略そういったものの言葉がそのまま出ちゃったり。似非的な何かも出ちゃったり。
それが普通じゃのうと思って育った身なので…結果、自分じゃあんまし気付けないという…。だから改めて聴き直してぞぞぞとしましたよ。なんじゃあこりゃあ自分、って。いや録り終えてからも確認したんですけど……気付けなかったとは……。うん。今後もう少し聴き直して気付けるように頑張ろう。いやその前に変に訛らないようにしよう(笑)

ばしばしっとした指摘がやってくるのかと思っていましたが思いの外すんなりいけたのでほっとしています。いやしちゃいけないとは思うんですけどね!まだまだ改善の余地有だと思いますし。編集は…………………………
まあ、うん元からそんな凝ったものが出来ないと自分でも分かってるんでこれは置いておいて(ぉぃ今回ちょっとアドリブ入れた部分があって、動画を見た方は分かると思うんですが
最初のなんともいえない背後のオーラ的なものを出すために
声だけで付け足したり、とか。最後の頭ぶつけるところ、とか。ぶっちゃけ最初のは効果音で付け足しても全然大丈夫なところなんでしょうけど
なんとなく声でつけたくなりました。このなんともいえないオーラを出したくてたまらなかったのです。最後のは、そういった台詞にない行動を表す的なものがあれば話の中で分かりやすく伝わるかなと思ってつけています。擬音って、あるじゃないですか。あまり効果音をつけすぎると次はこの音だろうなあって
なんとなく察してしまうんですけど、声で表現するとまた少し違ってくるんですよね。キャラの動きなんかもそれと同様で、息遣いとか。動き回ったりしたときの息切れだったり、落ち込んだときに出す吐息。色んな方の音声を聴いているとどれも違うんですよね。それを上手く状況と表情を考えつつ表現するのは難しいんですが、それを考えるのは結構自分好きなので、たまにそういった感じの考えされられるお題を見つけては勝手にああだこうだ頭の中で何パターンか考えてしまうんですよね。まあでもこれに関しては演技や声劇好きでやってる方なら誰でもやっちゃう部分なんじゃないかな、と勝手に自分では思っていますが。そんな感じで、アドリブで色々つけたしたりしたんですよ。はい、まとまってない! (苦笑)最初に話したあのシーン。
今回すっごい叫ぶ部分があるんですけど、なんと悠紀人さん私の音声に合わせてくださった。感激して目から何かが出そうになりました。もしかしたら昨日食べたそばかもしれません。と、まあ……今回は色々お世話になりっぱなしでした。
(前回もですが!)今はすごくラブいものがやりたいです。照れる話とか、告白するものとか。なので今年は一度でもいいから恋愛的なものをどなたかとやりたい。うん。一度でいいからそこで出来るだけたくさん照れを出してみたい。
あまりやらないからなあ……。出来たらいいなあ(遠い目)それからいつ日とGentleのノベルゲーを完成させたい。いつ日は夏、Gentleは冬までを目標に…それまでに何かトラブルに巻き込まれないよう天に祈っておきます……。平和でありますように。平和が一番だ。目先の目標はいつ日のページを更新させることだなあ……来月か再来月に出来たら……

鐘の話

Real_or_TreatのbadBadBAD‼で追加した鐘の話です。これは声劇や声の投稿、また物書きの設定等々自由に使って頂いて構いませんが、勿論自作発言はNGです。そして出来ればcredit等でどこかに
「horrorfantasy」もしくは「星喰(hoshikui)」と書いていただけたら嬉しいです。※強制ではありません。※またcococmmu内ではお題として出してますのでそちら投稿の際は全然書かなくても大丈夫です。 ※この話を使った際に起きた様々なことに関して作者は一切責任を負いません。作:星喰(hoshikui)昔々、一人の旅人が町を訪れていました。町を回っていると、住人は皆沈んだ表情をしていました。そんな中で歩いた街中もどこかどんよりと暗い色に染まっているかのように見えてきて…そんな寂れた町を目の当たりにした旅人は自分まで同調しそうになりました。けれどそれを振り払い、旅人は自らの得意とすることで町と住人に色彩と笑顔を取り戻そうとします。旅人が得意とすること―――それは音を作ることでした。旅人は静かな町の一角で、一音、響かせます。その音に反応した住人の一人が彼の元にやってくると、こう言いました。"それはどうやって鳴らしているんだい?"旅人は音の鳴り方を住人に教えると、もう一回音を響かせました。その音につられてまた一人、一人と住人がやってきては何度も音を鳴らしていきます。やがて一角の全てが住人で埋まるほどになってくると、旅人は住人一人一人に別の音が鳴る道具を渡し、一斉に町に響かせようと提案しました。そして旅人が合図をすると――皆の片手に持った道具達が一斉に町中に響き渡ります。雲も突き抜けるような暖かいその音は、住人の心に光を灯し、町に彩りを与えてくれました。 住人たちが賑わい、その心に光が宿ったことを旅人が嬉しく思っているとその中の一人が旅人の元へやってきてこう言いました。 "旅人さん。この町を、私達の心をいつも照らしてくれるようなこんなにも暖かい音をずっと響かせることは出来ないでしょうか?" "貴方は町から町へ歩いていく旅の方。ですがこんな奇跡をもたらしてくれた貴方がここからいなくなってしまっては私達の心もこの町もまた元通りに寂れてしまう" 
"どうかお願いです。お望みとあれば、金も、食糧も、この身も捧げます。この町をずっと明るく照らし続けられる、暖かなその音を私達にいただけないでしょうか"旅人はこの町に来るとき、一週間くらい滞在したらまた別の町に行こうと考えていました。けれどこうして住人達の必死の訴えを前にすると、出ていく前に何かをこの人たちに残したいと旅人は強く思いました。旅人は、住人達の願いにこう答えます。"ああ、分かったよ。けれど一つだけお願いがある"
 "これから僕が作る音は、君たちと同じ、寿命のある音だ""だから、もしも音が途切れてしまったその時は、何もしないで、その音が幸せな眠りにつけるように君たちが見守っていてほしい""君たちは"ずっと"と願っているようだけれど…いずれ、僕にも音にも終わりは絶対にくる""でも忘れないでほしい。僕に音が作れるように、君たちにも音は作れる""光をもっと増やすことだってできるんだ""だから……どうか僕の作った音が消えてしまっても、また新たな音を君たちが作って""そうして僕の音以外でも君たちが光が溢れる町にしてくれるのなら、僕は君たちの願いを叶えたいと思う"そんな旅人の言葉に、一人の子供が弱々しくこう呟きました。"出来るのかな……私なんかにも、作れるのかな……"その言葉に旅人は別の言葉で問い返します。"君は、砂遊びが好きかい?""?""どんどん崩れていく砂を見て、新しく作ることを面倒くさく思ったりするかい?""…崩れちゃったら、もう元には戻せないから………""どうして? 確かに元には戻せないけれど、新しいものは生み出せるじゃないか""人は、頑張り続けても、作り続けても、失敗がいくらでもつくものだ"

"けれどそうした失敗を繰り返していると、新たな発見をすることもある""新たな発見?""僕はそれをここで見つけることが出来た。うん、思った通りだ。君たちの笑顔や笑い声は見ていてとても豊かな気持ちになる""君たちに沈み陰ったような表情や、暗い言葉は似合わない""けれど高らかに笑い、表情を明るくさせると天にも負けないくらい…この音にも敵うくらいに君たちは輝きだすんだ!""人は、楽しい気持ちが生まれれば自然を口許を緩められる""楽しい気持ちを生む為には、僕らが自分で自分の為に自分がやりたいことを精一杯探さないといけない""その探す過程すら楽しいと思いたいから、人は言葉を交わし、喜怒哀楽を繰り返し、そうして幸せな気持ちをたくさん生み出していくんだ""難しいことを言ってしまったような気がするけれど、ようするに僕はね、""なんか、という言葉は心の中だけで使ってやってほしいということだ""口に出すと禍が生じる、ということもある。言葉は自分の気持ちを代弁してくれるけれど、それは時として自分自身を傷付ける呪いにもなるんだ""君は自分が気になった疑問をわざわざ僕に、相手に聞いた"

"本来ならそれは周りの大人が先に訊ねるようなことで、特に君のような幼い子供なら周りに任せて何も言わない子がほとんどだ""だけど君は聞いてきた。それは君が自分の疑問を自分で解決しようとしている証拠で、君の中の"勇気"という部分が君に対して働きかけた結果なんだよ""君は、君が思っている以上に、"なんか"という言葉を使わなくても立派なくらい素晴らしい人だと僕は思う""だからといって今こうして見守っている君らに作れない、
なんてことはない"

"さて、何かを作るときに一番大事なことがなんだか分かるかい?""優れた知識でも器用さでも素早さでもない。
――そう、それは好奇心だ""君らは今よそ者の僕が響かせたこの音に好奇心をくすぐられて近づいてきた。君らにも、好奇心がある。それは何でも作れる証拠だ""だから作ろう。もしも失敗したのなら途中からでも繕ってしまえばいい。新たに作ってもいい。そうしてこの町を光でいっぱいにさせてみないか"旅人の言葉に、一人、また一人と頷きを返し、笑い合い、やる気を見せつけ、そうして人々の声が空に天高くあがっていきます。その後、旅人は大きな大きな鐘を作りました。教会にあるような綺麗なものではありませんが、それはそれは大きな鐘でした。旅人はその鐘が出来上がるのと同時にまた町を離れ、旅を続けました。そんな旅人の元へ自分達の音が届くように、町の住民は一年に一回、旅人が町から離れたその時刻に鐘を鳴らして旅人へ感謝を伝えて続けています。住民達はこの鐘を町の光とし、その鐘の寿命が尽きるまでいつまでもいつまでも暖かな音と共に暮らしましたとさ。    おしまい。

新年の挨拶と報告と感謝を。

 久々の更新ですね。まずはじめに。「いつ日」最終回まで更新終わりました!とりあえず終わった、です。あともうひとつ別で更新しようとは考えてますがこれを続けて。 「いつ日」をノベルゲームにしようと思ってます! 現在のほほんと制作中……なんとか侑子ちゃんの話まで終わったところです…… ノベルゲームのほうではこちらで更新しているのとは別に4、5つ(予定)の話を追加。(短いのもありますので3つくらいに感じるかも) また、こちらで更新しているのとは別に2つのENDを追加する予定です。ぶっちゃけますとこちらで更新している最終分はNORMALENDになります。なのであと2つ…
どういったENDが追加されるのかゆるりと期待して待ってていただければなと。そして更新していた5話までの分をまとめて別のほうに移転。話中の千登勢、叶樹視点をざっくりカットしています。
こちら、ゲームのほうではちゃんと読めますのでご安心ください。(条件は付きますが…)ジャンルとしては、あまり多く付け加えたりせずに
一般的な"ノベルゲーム"にさせてください。色々と注意する点はたくさんありますが、
それは今後「いつ日」のHPのほうやゲーム本編でお知らせさせていただきます。プレイヤー皆様方の快適なプレイの為にもこういった注意事項はしっかりと目を通していただけると助かります。よろしくお願いします。また、新年明けましたので、いつ日のほうのサイトで明けたよ!2の小話を更新。読みたい方はこちらへどうぞ。………………え、もしかしてキャラ設定の話を期待しました?じ、次回ね!話しきれない部分もあるので!!(